Pal no Mori+

+小説ブログサイト+

freeareamenuentrycalendartopadmin

<<0512345678910111213141516171819202122232425262728293007>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

風が変わる頃には

鋼の錬金術師:エドアイ

寒くなって来た頃から書いてたのに
もう寒いどころでないくらい寒いです

そんなわけで、珍しく●禁じゃないです
一般向けです(笑


続きを読むからどうぞ★

☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆


風が変わる頃には




暑いだとか、寒いだとか
感じないようになっていた。
正確には、気にしないようにしていたのかもしれない。

体調管理は当たり前だから

と言えば、さすが優秀だな
と「寒い寒い」を連呼している上司に言われた。
上着を着たらいいのに、とは言わない。

気づけば季節は葉を朱に染める頃。
とりわけ、今日は気温が低く、新しい季節を感じさせていた。
嫌いではないこの季節。
ホークアイは、まとめた書類片手に部屋を出ようとした。
その時、廊下から慣れた金属音がガショガショと近づいてきているのに気づき
開ける手を止めた。

少しだけ、心が焦げつくような
気がした


バンっ!!
「失礼します」
「ノックはどうした」
開け放った扉の側にはホークアイが、いらっしゃいと言わんばかりに
苦笑を浮かべていた。
「俺、って言ったら顔見る前に嫌味のひとつでも言われそうなんでね…」
「っ兄さん!」
そんないつものやり取り。
弟のアルフォンスは、礼儀正しく、ホークアイへと一礼と挨拶を。
兄の方は、報告書片手に、ズカズカとロイの元に。
目で追ったホークアイは、その後ろ姿を見てから、廊下へと。

元気そう、と思うのは、姉心なのか
ロイに対しても、上司であり、面倒を見てあげねば
と言う思いがある。



「世話焼き…」
自分の位置を再確認するように呟いてみた。
誰もいないだろうと思って
「誰の?」
と後ろから声を掛けられ、ビクつきつつも
声の正体から、平静を装えた。
「…エドワード君…もういいの?」
まぁ、出すもん出したから、と
「中尉にちょっと」
「あら、何かしら?」
ごそごそ、とコートのポケットを探る。
「?」
なかなか出さない何か、に首を傾げて見せると
「俺の、世話も焼いて欲しい、なとか…」
ははっと、らしくない媚びるような笑顔とともに
カイロを渡された。
「寒くなってきたから」
じんわりと温かさが手のひらから広がっていった。
こんなに自分は冷えていたのかと思うくらい。

一気に体温が上がった。

「…良かった、なんか、顔色あんま良くなかったから」
「………」

さっき、決して目があった訳でもないのに
自分は、背中を見ていたのに

「…?あれ熱すぎた?顔赤いよ」

不覚すぎて、恥ずかしくて
思わず、不機嫌な顔をしてしまったのだろう
すぐさまエドワードに謝罪されてしまった。
「あ、違うのっ…ありがとう」
「…元気そうで、良かったよ。中尉のことだから
……大佐の世話したり、色々と…忙しそうだから」
図星であることだから否定はしないが。
「…」
ここで大佐の名前が出てきたことに
寒さを覚えたのは勘違いだといいと思いながら
「エド君も、相変わらずね」
言われ、パッと明るい笑顔を見せる彼を見て
ようやく、いつもの様にホークアイも笑顔になれた。

「しばらくの滞在?」
「…調べ物したいから…しばらくは」
「そう」

少しの会話の後、エドワードは弟の元に
ホークアイは、上司の元に

廊下を歩きながら
「…少し寒いかしら」
手にしたカイロを握り締めながら
頬が綻んだのを感じた。



あなたの 世話をやいているのよ

そう感じたこと

例えば、季節が変わる頃とか


風が変わる頃には この想いを伝えようか




続く

☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆

これ書き出し、9月くらい。。。

ちょんちゃんってから(分からない人すいません)

エドアイ…密やかに萌えつつ
続けていきます★

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

comment

comment form

管理者のみ閲覧可能
next*hit
next*hit→30000
リクエスト等お待ちしてます
メール・コメントでお送り下さい
(ジャンルは、鋼・SEED・OP)
うっかり削除防止のため
件名は「リクエスト」等分かりやすいもので…
+ジャンル+
+UP小説・タイトル+
コメント
+検索+
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

about me

モリヒノカ

Author:モリヒノカ
+イラストとか描いてます+

+小説始めました+
好きなものは
+可愛いモノと光るモノ

+リンクフリーです+
遊びに行きますのでご一報下さい~♪

Welcome
copyright © Pal no Mori+. all rights reserved.
powered by FC2.
iiipc07webmode design by I.テンプレート更新状況をお伝えする画像のため削除しないでください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。